読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイヤー・ホーリーのええ物語り

バイヤーの仕事を通して、たくさんの素晴らしいものとの出会いがあります。その商品の持つデザインの由来や素材への拘り、生産地の背景にあるストーリーを独自の視点で伝えていきます。

暮らしに寄り添う鋳物プロダクト

生活の中で身近にある鋳物。

手に取ると少しひんやりとした感触が心地よく感じます。

 

室内ではフライパンやホットプレートなど、

街中では、公園のベンチや路上のマンホールなど、いたるところに存在します。

 

そんな鋳物に新たなデザイン性を加え、暮らしの中で道具として価値をもたらし

美しいオブジェクトへプロデュースするブランドをご紹介したいと思います。

  

 

 まずは、温かみのあるインテリアとして、

ペンダントライトやフォトフレームです。

f:id:Pipeline:20150615195145j:plain

 

 

 

続いては、渋みのあるデスクを演出するカードホルダー。

f:id:Pipeline:20150615195141j:plain

 

 

 

アンティークな雰囲気にも合うメガネトレイ。

※ペンケースなどにも併用可能です。

f:id:Pipeline:20150615195142j:plain

 

 

 

そして、このブランドがプロデュースするすべての商品はこちらです! 

f:id:Pipeline:20150615195144j:plain

 

引用元:http://www.hinolab-m.com/index.html

 

このブランドの名称は、HinoLab Mです。

福岡県福岡市で発足された、まだ新しいブランドですが、

作り出された商品の技術には確かなものがあります。

 

その一つに、暮らしの中になじみやすく、時間の経過を感じる雰囲気には、

どうやら仕上げに秘密があるようです。

 

黒錆を再現した「錆仕上げ」と、鋳物の素材そのものの風合いを活かすため、

薄く表面に「クリア仕上げ」をし、経年変化を演出しているようです。

 

これから、市場に流通し、多くの場所で目にできること願って、

期待しているブランドです!