読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイヤー・ホーリーのええ物語り

バイヤーの仕事を通して、たくさんの素晴らしいものとの出会いがあります。その商品の持つデザインの由来や素材への拘り、生産地の背景にあるストーリーを独自の視点で伝えていきます。

航空部品の製造技術を駆使したアタッシュケースです。

埼玉の町工場からオールハンドメイドで生み出されるアタッシュケース、国内に留まらず、海外へも多く取り上げらているブランドを紹介します。

海外では、モナコ国王、ハリウッド大スター、F1レーサーなどにも愛用され、パリコレやミラノコレクションにも採用されるほどです。

その構造にはすごい仕掛けが隠されています。

それでは、ご覧ください。

軽量かつ強度・粘りを持つ「アルミニウム合金」。非常に硬くて頑強、高い耐破断性を持つ、超軽量「ジュラルミン」。
この二つの金属の硬軟特性を活かし、アルミ合金はフレーム躯体に、ジュラルミンは本体側面パネルに使用し、絶妙な強度バランスを織り成しています。

f:id:Pipeline:20150703221731j:image

カラーバリエーションは4色あります。
f:id:Pipeline:20150703221659j:image

ハンドル握手には、 イタリア製タンニンなめしヌメ革(牛革)を採用。
f:id:Pipeline:20150703221648j:image

そして本体組み立ては 、航空機体リブ構造応用しています。

f:id:Pipeline:20150703221716j:image

出展:エアロコンセプト金沢 | CARRYING CASE


航空機の部品を下請けで作ってきた機精密板金職人、菅野敬一氏が自分の欲しいものを作るために立ち上げたブランド、「エアロコンセプト」。

菅野氏が自身のための図面入れを作ったのが、エアロコンセプトの始まりであるそうです。

エアロコンセプトの出発点といえるアタッシュケースのスリムポーターは、「より軽く、より強く、よりシンプルに」をコンセプトに開発された製品。軽量性と耐久性が求められる航空機パーツと同じ素材と工法が用いられているそう。

また、閉じる時のカシャッという音は菅野氏が愛するライカカメラのシャッター音を模したもの。この音を作り出すために半年かけたそうです。

拘りに拘り抜いた熱い想いと、格好良さを追求した斬新なデザイン、そして背景にある高い技術が融合した一度は使ってみたい逸品です。