読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バイヤー・ホーリーのええ物語り

バイヤーの仕事を通して、たくさんの素晴らしいものとの出会いがあります。その商品の持つデザインの由来や素材への拘り、生産地の背景にあるストーリーを独自の視点で伝えていきます。

銅との新たな出会い

僕は以前、家具のバイヤーをしていたので

部屋のインテリアは色々な試みをしてきました。


デザイナーズを集めたモダン系や、

リゾート感を演出するアジアン系を経て、

最近では、西海岸スタイルにはまっています。

完全に流行にのっかています。笑


時代を感じさせるテイストで、アンティーク調やビンテージ系なども

今後は挑戦してみたいなとも思っています。


さて前置きはこの辺で、今日は面白い素材を使った

ビンテージやアンティークにも合うアイテムを

紹介したいと思います。


モメンタムファクトリーOrii

f:id:Pipeline:20150528212617j:plain


f:id:Pipeline:20150528212619j:plain


f:id:Pipeline:20150528212624j:plain


tone_bucket M


この子達、みんな新品の銅からできているんです。

でもすごく、経年してる雰囲気がありますよね。

これは、美術工芸品や銅像、仏具に用いられてきた伝統的着色技法を応用して、銅の特性を最大限活かして表現しているからだそうです

1950年創業のモメンタムファクトリー・Oriiは、歴史も深く、皇居の照明灯着色の実績もあるなど、確かな技術をもっている企業です。

次にチャレンジするビンテージスタイルには、必ず取り入れたい逸品です。